イベント遊ぶ
東映太秦映画村トップページ  >  観る > 映画村30周年史展
東映城大手門
忍び櫓
角櫓無料休憩所
日本橋
宿場町
水車小屋
長屋
吉原通り
銭形平次の家
大店街
め組の家
芝居小屋中村座
明治通り
新選組屯所
0丁目・一丁目・三丁目
屋敷町
御利益らんど
特撮プール
白州
牢屋
港町
水戸黄門漫遊の館
ガラス張りスタジオ A
ガラス張りスタジオ B
暴れん坊将軍の館
映画村30周年史展
シネマタウン
スーパーヒーローランド
ロケーションスタジオ

映画村30周年史展

東映太秦映画村が開村は昭和50年11月1日。日本で唯一の撮影が見学出来るライブスタジオとして、また、観光京都の新しいレジャースポットとして注目をあび、拡大経済とテーマパークのブームにも乗って、急成長し、撮影所を支える大きな力となりました。

その後バブル経済の崩壊・レジャーの多様化・阪神大震災による観光客の激減など、いくつもの難関はありましたが、延べ5500万人を超えるお客様に支持され、おかげさまで30周年を迎える事出来ました。

その30年の東映太秦映画村の歩みをご紹介しております。

東映太秦映画村トップページへ インフォメーション アクセス