東映俳優養成所TOPページへ
ごあいさつ科目案内出演情報アクセス資料請求
トップページ > 東映俳優養成所 > 科目案内 > 俳優科 講師紹介
俳優科のご案内募集要項システムカリキュラム講師紹介料金・支払い方法

鳥居元宏
脚本家・映画監督
早稲田大学卒業後、東映に入社。内田吐夢・田坂具隆・マキノ雅弘監督などの助監督を勤めたのち「十七人の忍者・大血戦」で監督デビュー。その後「侠客の掟」・「三匹の牝蜂」などを手がける。脚本作品として「昭和残侠伝」・「兵隊極道」・「緋牡丹博徒・花札勝負」など多数。テレビでも「銭形平次」・「遠山の金さん」・「暴れん坊将軍」シリーズなど多数の作品がある。
松尾正武
映画監督
同志社大学卒業。助監督として東映京都に入り、松田定次・内出好吉・マキノ雅弘監督などの作品についた後、東映テレビプロ設立に参加。河野寿一監督に師事「新選組血風録」などを経て「次郎長三国志・浅間しぐれ」で監督デビュー。映画「夢の予定」での鋭い感性が注目を集め、「燃えよ剣」・「俺は用心棒」など創世記のテレビ映画を代表する名作を次々と発表。以後も「遠山の金さん」・「長七郎江戸日記」・「暴れん坊将軍」シリーズなど東映京都で製作されるシリーズ物の殆どを監督している。その堅実な手腕と豊かな感性で、作品数の多さは当代監督の中でも随一である。
工藤堅太郎
俳優
昭和34年、俳優座養成所に入所。昭和37年、大映と専属契約。以降、多数の映画、テレビ、舞台に出演。 東映京都撮影所では、「水戸黄門」、「暴れん坊将軍」、「遠山の金さん」など多数に出演。
和田圭一
映画監督
昭和55年東映京都に入り「水戸黄門」・「大岡越前」など多数の作品を経て「あばれ八州御用旅」で監督デビュー。若手監督として、その手腕は高く評価されている。
津島勝
映画監督
昭和45年、京都大学卒業後、東映テレビプロに入社。松尾正武・山下耕作監督に師事。「遠山の金さん」でデビュー。その後「必殺」シリーズ「赤かぶ検事奮戦記」「月影兵庫」などを手がける。近年はVシネマを中心に活躍中。主な作品としては「くの一忍法帖」シリーズ「第三の極道」シリーズ「首領への道」シリーズなどがある。
上杉尚祺
映画監督
早稲田大学卒業後、東映に入社。河野寿一監督・松尾正武監督に師事。55年「長七郎天下御免」でデビュー。主な作品に「三匹が斬る」シリーズ・「遠山の金さん」シリーズ・「銭形平次」シリーズ・「大江戸弁護人」山村美沙サスペンス・土曜ワイドなど、現代劇も多数の作品がある。
入江慎也
俳優
昭和27年劇団くるみ座に入団。昭和43年退団と同時に近畿放送オールナイト電話リクエストDJ、その間くるみ座演劇研究所・明蝶芸術学院・大映ニューフェイス養成所各講師、映画では、「虹の橋」・「あかね雲」・篠田正浩作品など。テレビでは「忍びの者」・「大奥」・「銭形平次」・「水戸黄門」など多数出演。
山田善靖
演出家
劇団民芸演出部に在籍し、演出活動に従事する傍ら、劇団の研究部、東映円具研修所などで俳優を養成する。大阪に移転後、大阪の新劇団の演出、研究所の講師など。久保栄・滝沢修の手ほどきで音声について研鑚を重ねる。著書三笠書房「演出の創造過程」(共著)「久保栄演技論講義」(共著)
清家三彦
東映剣会殺陣師
「将軍家光忍び旅」で殺陣師デビュー。その後「水戸黄門」・「半七捕り物帳」・「あばれ医者嵐山」・「阿部一族」・「将軍の隠密・影十八」、映画「必殺6」などを手がけ、若手殺陣師として高い評価を得ている。
波多野博
俳優
昭和27年東映設立と同時に入社。半世紀に亘り、時代劇一筋、時代劇のことなら知らない事はない。現在も俳優として活躍中。主な作品としては「燃えよ剣」・「赤影」・「銭形平次」・「水戸黄門」・「暴れん坊将軍」など東映京都作品のほとんどに出演している。
佐藤宗陽
裏千家茶道家
-
山口尚子
美粧師
-
中川善照
着付師
-
井上多加子
着付師
-
五十田淳
渡辺ステージ・ジャズセンター
-
藤マナ
渡辺ステージ・ジャズセンター
-